FMchina

今日は农历寅年12月24日、旧暦のクリスマスイブ”圣诞节前夜”って言うのかな?

チョトマジになって調べた中国のFM局、前回報告したように1525局になります。各局のホームページを覗いてデータに書き加えるようなもの探しましたが、一貫性がなくホームページが無い局も有りますので断念、データは周波数、放送局名、所在地(市レベル)、市外局番のみです。

また表記が中国語の简体字表記になりますので、Es短時間のチャンスに音での局判別がし易いかと、拼音のルビをふってみました。

圣诞节前夜の12月24日ですのでクリスマスプレゼントとしてアップいたします。よろしかったらご活用下さいm(__)m

エリア別周波数表 FMchinaC

周波数別放送局表 FMchinaF

広告

4 responses to this post.

  1. Posted by KEI on 2011年1月27日 at 19:29

    労作ご苦労様です

    中国にもFCCみたいな組織はあるとおもうのですが情報オープンにはしてそうもないですよねぇ
    そちらのBCLはどういう活動してるんでしょうか

  2. Posted by FRG965 on 2011年1月27日 at 21:28

    電波竿さん、こんばんは。

    FM chinaのクリスマスプレゼントありがとうございます。
    表紙もステキですね!
    短期間に作成していただきありがとうございました。
    市外局番や简体字表記の拼音のルビは便利です。
    今年のEsシーズンに活用させていただきます。m(_ _)m

  3. KEIさん おはようございます。

    NETやアマチュア無線見聞きすると北京、天津、南方面このラジオ関連を趣味とする人が居そうですが、この近隣では情報がないですね。
    アンテナの事に特化したNETなども見かけないですので、BCL活動されている方は極少数と思います。
    また趣味という言葉が庶民感覚で浸透しきっていないような…、麻雀やカードの趣味以外に展開するのはまだ先のように感じます。

  4. FRG965さん おはようございます。

    FM局聞こえる範囲でしかの感覚以外なかったですが、100Kcステップで局が有る事にビックリ、ロケーションのいいところでFM聞いてみたくなりました。サイドが切れるラジオとビームアンテナでないと受信困難そうですね。^_^;

    内容的にシンプル過ぎますが、Es受信の役に立てばと思っています。
    FRG965さんのヒントに感謝いたします。

コメントをどうぞ (無記名の場合削除対象とさせて頂きます。)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。